海外で看護師になるには何が必要なのでしょうか?

ライター. Masashi
海外留学

大阪市の英会話スクールPHIILLIP JAMESです。看護師のあなたは、もしかすれば海外で看護師として働くことを考えているかもしれません。

海外で看護師になるには何が必要になってくるのでしょうか?今回は、海外で看護にになるために必要なことをご紹介致します。

国際看護師になることを計画している方は、何をすべきか確認の参考にして頂ければと思います。

海外で看護師になるため必要な3つの事

現地の看護師資格

国際的に統一されて「看護師資格」というものは存在しません。つまり、日本で看護師資格を取得していても、そのまま海外で働けるというわけではないんです。

アメリカ、イギリス、オーストラリアなど看護師として働く国によって看護師資格の条件が違ってきます。

まずは、自分が看護師として働きたい国の看護師資格を調べてみましょう。

英語などの語学力を証明する資格

看護師は人の生死に関わる仕事なので、仕事で求めらる英語の基準も高くなっています。

海外で看護師になるには、IELTSやOET(The Occupational English Test)といった資格の取得が求められます。

IELTSとOETは何が違うのか?がこちらのサイトで説明されてますので、詳しくはこちらをご参考に。

就労ビザ

海外で就労するには、就労ビザが必要になってきます。

国によって就労ビザの取得の難しさは変わってくるので、定期的に自分が看護師として働きたい国の就労ビザ情報を確認しておいた方がいいでしょう。

政治状況や経済状況によっても海外からの労働者を積極的に受け入れるかどうかも変わってくるので、最新の情報をこまめに確認しておいてください。

イギリスの就労ビザ

オーストラリアの就労ビザ

まとめ

海外で看護師になるには何が必要かはわかりましたか?

もう一度まとめると、「現地の看護資格」、「英語資格」、「就労ビザ」の3つが必要になってきます。これから海外で看護師として働きたいと考えている方は、まず日本でできる対策が「英語資格」の証明です。

大阪梅田の英会話スクールPHILLIP JAMESでは、IELTS対策が有名な学校です。アイエルツスコアが必要な多くの生徒さんが現在もスクールで学んでおられます。

IELTSスコアが短期で集中な方には、IELTS短期集中コースもオススメですよ!

オーストラリアで看護師免許を取得したい方はこちらを参考に。

看護留学のためにIELTSが必要?

英語を始めるならPHILLIP JAMESで

「忙しいけど学びたい。続けられますか?」
「退屈しない授業が受けられるスクールですか?」
「留学関連の情報はもらえますか?」
PHILLIP JAMESの体験レッスンでよく聞かれるご質問。答えは全てイエスです。
日本では数少ない英語学校スタイルのPHILLIP JAMES。もしあなたが、自分のペースで英語を楽しく学びたい、仕事にも役立てたいけれど知識や教養として学びたい、そう考える人なら一度体験して欲しいスクールです。
 
通学型はもちろん、テレワークで働く方々を応援するべく今年新たにオンラインコースも開設。オンラインでも通学型さながらの退屈しない充実の90分授業を体験してみませんか?

2021年1月30日まで!
年末年始のお年玉感謝祭、実施中

現在、英語学校PHILLIP JAMESでは一年で一番BIGなお年玉感謝祭、実施中!
全コース全プラン表示価格より5%オフ、さらに期間限定で最大4回分のレッスン追加プレゼント!もちろんグループもマンツーマンも、通勤帰りや気分転換に最適な通学型も、テレワークに嬉しいオンラインも全て対象。
一般英語コースだけでなく、IELTS対策、医療・法律・エンジニアなどの専門英語もすべてお安く、最大で51,200円のお得です♪

この機会に是非とも、英語学習を始めてみませんか♪

年末年始のお年玉感謝祭!全コース5%オフ&レッスン追加プレゼント中

関連するオススメ記事一覧

PAGE TOP

カテゴリー