大阪市の英会話スクールPHILLIP JAMESです。

「やりなおし英語」という言葉を聞いたことがありますか?日本では、多くの社会人の方を中心に、「もう一度英語を勉強したい」という需要があります。

そんな方に適した勉強方法が、「やりなおし英語」です。今回はこの方法についてご紹介していきます。

英語初心者の方はぜひモチベーション上げて勉強を開始していきましょう。

やりなおし英語とは?

やりなおし英語とは、英語をもう一度学びたいという方に対する英語の学習方法です。

学生から社会人まで、「英語の勉強をもう一度したい!」という方にオススメです。

やりなおし英語に適した人とは?

・以前英会話スクールに通っていたが、辞めてから英語を勉強する機会がない

・学生時代に英語を勉強したが、社会人になってから英語を勉強していない

・高校で英語の授業が嫌いだったが、大学では英語をしっかり勉強した

もしあなたがこのような悩みを持っているなら、「やりなおし英語」が効果的ですよ!

やりなおし英語の方法

文法の5文型の復習

英語の5文型を覚えてますでしょうか?学生時代テストに出て、苦手意識を持ってるかたも多いと思います。

しかし、英語の文章はこの5つの型を覚えれば、どんな難解な長文も5つの型に当てはめることが出来ます。

S=主語、V=動詞、C=補語、O=目的語

【第1文型】  SV    =He laughs.  (彼は笑います)
【第2文型】  SVC         = He is happy.(彼は幸せです)
【第3文型】  SVO      =He eas an apple. (彼はリンゴを食べます)
【第4文型】  SVOO     =He gives her a present.(彼は彼女にプレゼントを渡した)
【第5文型】  SVOC  =He names his cat “Tommy”(彼は自分の猫をTommyと名付けます)
(分かりやすいように、英語の例文はすべて現在形にしたので、少しニュアンスが変なのはご了承ください)

英語を話す時にこの5文型を意識して話すのは難しいので、まずは5文型の型を身につけましょう。

一度型が身につくと、動詞や名詞を変更するだけで表現の応用力が一気についてきます。後で紹介するオススメ教材を使いながら、5文型を覚える練習をしてください。

音読

「今更音読をやるってどうなの?」と思う方も多いと思いますが、一度騙されたと思って声に出して英語の文章を読んでみて下さい。

日本語のように英語の文章を読めましたか?

恐らく多くの方が分からない単語で詰まったり、どこの音節で区切ったらよいかが分からない文章があったと思います。

音読が流暢に出来るというレベルは、文章内の単語を理解できて、文章の意味を理解している状態です。この状態だと、単語で詰まることなく、きちんとした音節で文章を区切ることが可能になります。

このレベルになるまで、自分に適した英文を音読練習してみましょう。

やりなおし英語のオススメ教材

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

個人的に本当にオススメなのがこちらの本です。毎日この本で5文型意識しながら音読をすれば、3ヶ月語には英語が口から出てくるようになります。

この本と同時に英単力を伸ばしていけば、この本で覚えた英語の型に合わせて単語を変更するだけで、掛け算的に英語の表現力が増えていきます。

中身はイラストも少なく大丈夫かな?と思う本ですが、変な教材を何冊買うよりもこれ1冊買う方が絶対よいので、一度本屋さんで手に取ってみてください。

まとめ

やりなおし英語したくなったでしょうか?大事なことは「やってみようと思うこと」と、その後「実際にやってみること」です。

英会話を大阪で学びたい方は、梅田の英会話スクールPHILLIP JAMESでやりなおし英語を一緒に始めましょう!

英語をやりなおしたい?