優れたパーソナルステートメントを作成するために答えるべき5つの重要な質問

執筆者 | 2022年10月11日 | IELTS対策, 海外留学

こんにちは、大阪梅田の英語学校PHILLIP JAMES 学校長のPhilipです。
寒暖差のある日が続いていますが、体調を崩されてはいませんか?

大学に出願する際にパーソナルステートメント(Personal Statement:志望動機書)を書くのは大変なことであり、混乱することもあります。ほとんどの人は、パーソナルステートメントを書いたことも、見たこともないでしょう。

今回は海外の大学への留学に必要なパーソナルステートメントを書く前に、理解しておかなければならないとても重要なことがあります。あなたのパーソナルステートメントを読むのは誰なのか、そしてその理由は? 志望動機を書くうえで大事なポイントについてお話します。

 彼らは知りたがっています

あなたの志願理由書を読む進学先の大学スタッフは、その大学のコースに最適な人を見極めるための専門的な訓練を受けています。

  • 他の人よりもコースから恩恵を受けられるか
  • コースを修了することができるのか
    また、コースが自分に合っていないことに気づいたときに、辞めてしまわないか
  • そのコースはあなたの将来の人生の目標に最もマッチしているか

自己PRを考えるとき、この3つのポイントを意識する必要があります。そうすることで、より良い自己PRを書くことができます。

 はじめに

ほとんどの大学は、志願理由書において以下のような質問をします。

In English

  1. Why do you want to study at this university?
  2. Why do you want to study on this particular course?
  3. What academic achievements and experience might be relevant to the course?
  4. What work and life experience have you had that might help you?
  5. How will this course help you in achieving your future goals?

日本語

  1. なぜこの大学で勉強したいのですか?
  2. なぜこの特定のコースで勉強したいのか?
  3. そのコースに関連する学業成績や経験は?
  4. どのような仕事、人生経験を積んできて、それが役に立ちそうですか?
  5. このコースは、あなたの将来の目標を達成するために、どのように役立つでしょうか?
もしあなたが高校生なら、人生における経験は限られているように見えるかもしれません。ですが、もちろんほとんどの学生は同じ状況にあるはずで、大学のスタッフもそれを知っています。だから心配しないでください。 大切なのは「自分が熱意を持っていること」「志望するコースで勉強したいこと」そして前述したように「コース選択が自分の将来の目標にマッチしている理由を、自分の人生から引き出せるようにすること」なのです。

 実際に、質問にどう答えるか見ていきましょう

1. なぜ、この大学で勉強したいのですか?

実際には、まず大学をよく見ずに、自分の学びたいコースに重点を置いていたかもしれません。

しかし、あなたが自分の大学で勉強したいという気持ちがあることを、大学の職員に知ってもらうことは大切なことです。大学についてよく調べてから選びましょう。次のような点に注目し、自分の興味や目標に合わせるとよいでしょう。

  • その大学の全体的な理念は、あなたが好むものですか?
  • その大学には、あなたが興味を持つような留学プログラムがあるか?
  • その大学には自分の興味に合った課外クラブや活動が あるか。
  • その大学はキャンパス型の大学か、それとも都市型の大学か、そしてそれはあなたの選択に影響を与えたか?

あまり多くを語る必要はありませんが、答えを書くことで、あなたがこの質問についてよく考えたということを示すことができます。

2. なぜこのコースで勉強したいのですか?

ここでは、その科目に対するあなたの熱意を示しましょう。

なぜその学問に興味があるのかを話すことから始めるとよいでしょう。勉強したい学問に関連して、あなたが過去に何をしたかを示しましょう。

このセクションでは、できる限り具体的に説明する必要があります。

例えば国際関係学を学びたい場合
  • 国際関係学を学びたい場合: 国際関係学に関連する学校や地域の行事に参加したことがありますか?
  • 国際関係学に関する学校のクラブに所属していますか?
  • 国際関係学に興味を持ったきっかけとなるような世界の出来事はありましたか?

曖昧な表現は避けましょう。

“世界をより安全な場所にする手助けをしたい”、”平和な世界に住むことは重要だと思う “などと言わないことです。
ほとんどの人がこのことに同意するでしょうし、なぜこのコースがあなたに適しているのかを具体的に理解する助けにならないからです。

コースの構成について

コースの構成について、あなたが気に入っている点を述べてください。
例えば、コースには柔軟に選択できるオプションがありますか? 特に興味のあるモジュールはありますか? などについてです。

パーソナルステートメントコース

添削指導で、願書作成をサポート

まずは専任カウンセラーが一人ひとりの目的やご希望をお伺いし、その内容に沿って講師がカリキュラムを作成します。あなたがどんな学問的興味を持っているのか、どんな将来計画を持っているのかお聞かせ下さい。

遠方にお住まいの方やお時間のない方は、Zoomを使用したオンライン受講もご利用可能です。

3. コースに関連しそうな学問的業績や経験は何ですか?

このセクションでは、あなたが人生で誇りに思うことを示す必要があります。恥ずかしがってはいけません。学校や生活の中で、これまでやってきたことを振り返ってみてください。それらは、あなたが学びたいコースや科目とどのように関連するでしょうか?

自分の業績について話すときは、自分が学びたいコースの側面と直接結びつけてください。

  • 学校や大学で書いたエッセイで賞をもらったことはありますか?
  • 勉強したいコースに関連するグループや協会に所属したことがありますか?

例えば、上記の質問に対する返答について、良い例と悪い例を見てみましょう。

良い例
  • 「高校では生徒会に所属し、教師、保護者、生徒の間で交渉を行っていました。ここから国際関係学に興味を持つようになりました」
  • 「大学時代、私は国際学生協会と、公共政策の未来というグループに所属していました。この2つのグループは、なぜ国際関係が重要なのかを理解するのにとても役に立ちました」

これらは非常に具体的で良い文章ですね。

悪い例
  • 「私はいつも世界の出来事に興味があり、国際関係学は私たちの世界にとってとても重要だと思います」
  • 「私は毎日ニュースを読んでいて、世界で何が起こっているのかに興味があります」

悪い例は全体的に曖昧であるのがわかります。

優れたパーソナルステートメントを作成するために答えるべき5つの重要な質問

4. あなたに役立ちそうな仕事や人生経験を教えてください。

学業に関係ない経験がある場合、ここでそれを話すことができます。

例えば、あなたがマーケティングの学位を取りたいとすると、自分には関連する経験がないと思うかもしれません。

しかし、あなたは地元の店でアルバイトをしているかもしれません。商品の陳列方法を変えて、売上を伸ばした経験があるかもしれません。また、多くのお客さまとお話をして、お客さまの好みや習慣を理解し、お客さまへのアプローチに役立てたのではないでしょうか。

たとえそれがマーケティングに関連したものであることをあまり意識していなかったとしても、これを関連した経験に変えることができます。

5. このコースは、あなたの将来の目標を達成するためにどのように役立ちますか?

この最後のセクションで、大学のスタッフは、あなたが将来やりたいことにそのコースがマッチしているかどうかを理解したいと考えています。
将来の目標が明確に定義されていること、そして応募するコースがその目標をどのようにサポートするのかがわかると、そのコースに選ばれる可能性が高くなります。

ここでも、曖昧な表現は禁物です。自分の将来の目標が、自分の専攻する分野とどのように関連しているのか、明確に打ち出すようにしましょう。
どのような分野で仕事をしたいのか、卒業後数年間で何を達成したいのか、具体的に考えてみてください。

そして、応募するコースをよく研究し、このコースが実際にどのようにこれらの目標の達成に役立つかを理解するようにしましょう。

  • 「私は人工知能業界で働きたいので、このコースのメインは人工知能です 」とは言わないようにしましょう
  • 「私の目標は人工知能の分野で働くことで、この分野で提供しているコースは国際的に非常に高い評価を受けています」と言いましょう

 まとめ

パーソナルステートメントはできるだけ具体的に書こう

自己紹介文を書く学生のほとんどは、少なくとも3、4回下書きを書くことになります。一度目はもちろん、二度目もうまくいきません。混乱し、苛立ちを覚えることもあるでしょう。しかし、短期間のうちに、大学の職員が明確に理解できる、非常に優れた自己PR文ができあがります。

自己PRがうまくいかない理由のほとんどは、漠然としすぎていて、大学のスタッフがあなたがその大学にふさわしいかどうかを本当に理解するのに十分な具体的情報を提供していないからです。

つまり、できるだけ具体的に書くということです。

添削指導で、願書作成をサポート

英語学校PHILLIP JAMESでは、志望動機の書き方を学べる「パーソナルステートメントコース」を開講しています。添削&フィードバックで願書作成を丁寧にサポート。作成したパーソナルステートメントが適切なものか、大学に合格するために改善する必要があるかどうか、志望校の基準をベースにフィードバックを行います。 遠方にお住まいの方やお時間のない方は、Zoomを使用したオンライン受講もご利用可能です。ぜひお気軽にお尋ねくださいませ! 英語学校PHILLIP JAMESのパーソナルステートメントコースを詳しく見る

頑張って下さい。Good luck! 

海外留学やIELTSに関する記事

ABOUT
コース
価格表
アクセス
無料体験