TOEICスコア600点の壁を越えられない原因とは?

ライター. Masashi
TOEIC

「TOEICスコア600点がどうしても越えられない・・・」と悩んでいる方はけっこうおられますね。

今回はTOEICスコア600点から900点に上げれた僕が、どのように600点の壁を越えたかについて、ご紹介したいと思います。

自分にも当てはまる原因があれば、どんどん改善していきましょう。

リーディングの時間が足りない

TOEIC600点を取得できない人で多いのが、「リーディング問題の最後まで時間がなくて解けない」という問題です。

僕の経験上、リーディングセクションをすべて時間内に解答することが出来れば、600点~700点ぐらいまでスコアが伸びるはずです。

もしあなたがリーディング問題をすべて解答出来ていないなら、それを目標にして勉強していきましょう。

文法問題で時間がかかり過ぎている

リーディング問題の解答時間が取れていない方は、文法問題で時間がかかり過ぎているのが大きな原因です。

文法問題を1文づつすべて英語を読んでいませんか?

TOEICの文法問題の英文は、読んでしまったら必ず時間が足りなくなります。

解答のコツは、4択の選択肢を見て、質問文の前後からどの選択肢が適当かを瞬時に決めることです。

単語力が足らない

単純に単語力が足らない場合も、リーディングとリスニングの両方において600点を取得できない大きな原因です。

単語力を増やすのに近道はありません。単語帳を1冊買って、それを毎日見て単語力を増やしていきましょう。

TOEICの形式に慣れていない

TOEICは英語力と同時に、解法のテクニックが求められる資格試験です。つまり、TOEICの形式を知っているほど、点数は高くなると思っても問題ありません。

もしTOEICの受験回数が1回~2回なら、ぜひ過去問とかでもいいので、受験回数を増やしてあげた方がいいです。

特に新形式になってから受験したことがない方は、新形式のテストにも慣れる必要があります。

まとめ

TOEIC600点の壁を越えられない原因について、自分が当てはまるものはありましたか?

もし一つでも当てはまったものがあった人は、ぜひその原因を改善していきましょう!

特にリーディングの時間が足りない人は、最後まで解答出来るかどうかでスコアに大きな変化が出るはずです。

TOEICスコアを上げたい?

IELTS模擬テストについて詳しく見る

受講生の声

関連するオススメ記事一覧

PAGE TOP

カテゴリー