「もし~なら」という英語の表現方法の使い方

ライター. Masashi
英会話

大阪梅田の英会話スクールPHILLIP JAMESです。英会話の場面で、「もし~なら」という表現をしたい場合ってないでしょうか?

そんな時はif文を基本的にしようすればいいのですが、if文以外にも様々な表現方法があります。

今回は「もし~なら」を英語でどのように表現できるのかをご紹介したいと思います。

road

ifを用いた「もし~なら」という英語表現

if文の仮定法

If there were no cars in this world, we would have a difficulty in transportation.  

(もしこの世界に車がなかったら、私たちの交通は不便だったであろう)

英文法で苦手な方も多かった仮定法の使い方です。意味は、現実とは反対のことを表したい場合に使用します。

ポイントは、if の後の過去形 “were”とweの後の”would”という使い方です。単純に過去形のように訳さないように注意しましょう。

if possible

If possible, I would like to have a one month off in the summer vacation.

(もし可能ならば、夏休みに一か月の休みを取りたい)

もし可能であればという意味を表す”if possible”、自分の意見を押し付けたくない時や、周りに少し配慮した言い方をする時に付け加えてあげたい言葉です。

To+動詞の原形

To hear her English accent, you would think she studied English in USA.
(彼女の英語のアクセントを聞いたら、彼女がアメリカで英語を勉強したと思うかもしれません)

 これは「if + 主語 + were to + 原形不定詞」という仮定を表す表現の省略された言い方です。
このTo+動詞の原型の形で文章に出てくると、どういう意味か不安になってしまいますが、これが省略系だという知識があれば、理解するのも問題ありません。

If you were to hear her English accent, you would think she studied English in USA.
こちらの文章が元の文章になります。

まとめ

 「もし~なら」という英語表現は取得できましたでしょうか?様々な表現方法があるので最初は覚えるのが大変ですが、覚えるには口に出していうことが重要です。

 英会話を大阪で学ぶなら、大阪梅田の英会話スクールPHILLIP JAMESがオススメです!

英語を始めるならPHILLIP JAMESで

「忙しいけど学びたい。続けられますか?」
「退屈しない授業が受けられるスクールですか?」
「留学関連の情報はもらえますか?」
PHILLIP JAMESの体験レッスンでよく聞かれるご質問。答えは全てイエスです。
日本では数少ない英語学校スタイルのPHILLIP JAMES。もしあなたが、自分のペースで英語を楽しく学びたい、仕事にも役立てたいけれど知識や教養として学びたい、そう考える人なら一度体験して欲しいスクールです。
 
通学型はもちろん、テレワークで働く方々を応援するべく今年新たにオンラインコースも開設。オンラインでも通学型さながらの退屈しない充実の90分授業を体験してみませんか?

2021年1月30日まで!
年末年始のお年玉感謝祭、実施中

現在、英語学校PHILLIP JAMESでは一年で一番BIGなお年玉感謝祭、実施中!
全コース全プラン表示価格より5%オフ、さらに期間限定で最大4回分のレッスン追加プレゼント!もちろんグループもマンツーマンも、通勤帰りや気分転換に最適な通学型も、テレワークに嬉しいオンラインも全て対象。
一般英語コースだけでなく、IELTS対策、医療・法律・エンジニアなどの専門英語もすべてお安く、最大で51,200円のお得です♪

この機会に是非とも、英語学習を始めてみませんか♪

年末年始のお年玉感謝祭!全コース5%オフ&レッスン追加プレゼント中

関連するオススメ記事一覧

PAGE TOP

カテゴリー