間違えやすい英会話フレーズ| Nice to meet youとNice to see youの違いって?

ライター. Masashi
スピーキング

大阪梅田の英会話学校PHILLIP JAMESです。英会話や英文法において間違えやすい表現というのが存在します。初対面の人と会った時に「初めまして」と日本では言いますよね?では英語で「初めまして」はどういうのでしょうか?

「初めまして」は英語で”Nice to meet you”ということを覚えているかたは多いと思いますが、”Nice to see you”って同じ意味じゃないのと疑問に思ったことがありませんか?

今回は似ているこの二つのフレーズの違いについて紹介していきたいと思います。

Nice to meet youを使う時

greeting

Nice to meet youを使用する時は、あなたが初めてその人と会う時に使います。日本語で言う「初めまして」はNice to meet youを使います。

It was a nice meeting you という表現もありますが、これは「会えてよかったよ」というような過去を示す表現となります。

It is a pleasure to meet you表現はより丁寧な言い方となりますので、感謝を表したい時に使いましょう。

Nice to see youを使う時

Nice to see you を使用する時は、あなたが既にその人と会ったことがある時に使います。

初めて会った人に対して、”Nice to see you”と言うと、以前会った事があるのですか?と思われますので注意してくださいね。

まとめ

意識していないと間違えそうな英会話フレーズ”Nice to meet you”, “Nice to see you”ですが、どのような状況で使用するかを覚えておけば問題ありません。

英語の勉強をしたい?

英語を始めるならPHILLIP JAMESで

「忙しいけど学びたい。続けられますか?」
「退屈しない授業が受けられるスクールですか?」
「留学関連の情報はもらえますか?」
PHILLIP JAMESの体験レッスンでよく聞かれるご質問。答えは全てイエスです。
日本では数少ない英語学校スタイルのPHILLIP JAMES。もしあなたが、自分のペースで英語を楽しく学びたい、仕事にも役立てたいけれど知識や教養として学びたい、そう考える人なら一度体験して欲しいスクールです。
 
通学型はもちろん、テレワークで働く方々を応援するべく今年新たにオンラインコースも開設。オンラインでも通学型さながらの退屈しない充実の90分授業を体験してみませんか?

2021年1月30日まで!
年末年始のお年玉感謝祭、実施中

現在、英語学校PHILLIP JAMESでは一年で一番BIGなお年玉感謝祭、実施中!
全コース全プラン表示価格より5%オフ、さらに期間限定で最大4回分のレッスン追加プレゼント!もちろんグループもマンツーマンも、通勤帰りや気分転換に最適な通学型も、テレワークに嬉しいオンラインも全て対象。
一般英語コースだけでなく、IELTS対策、医療・法律・エンジニアなどの専門英語もすべてお安く、最大で51,200円のお得です♪

この機会に是非とも、英語学習を始めてみませんか♪

年末年始のお年玉感謝祭!全コース5%オフ&レッスン追加プレゼント中

関連するオススメ記事一覧

PAGE TOP

カテゴリー