英語ビジネスメール「フォーマル表現」と「インフォ―マル表現」の使い方

ライター. Masashi
ビジネス英語

大阪梅田の英会話学校PHILLIP JAMESです。英語でビジネスメールを書く必要がある時に、フォーマル表現とインフォーマル表現どちらがいいのか?やどのようにその二つを使い分けるかを悩む方は多いと思います。

今回は英語のビジネスメールにおいて、「フォーマル表現」と「インフォーマル表現」についてご紹介させて頂きます。

定型文を覚えればビジネスメールは怖くありませんので、ぜひ基本を覚えていきましょう!

ビジネス英語フォーマル表現

ビジネス英語ー大阪梅田の英会話学校PHILLIP JAMES

ビジネス英語のフォーマル表現とは、BtoBビジネスで使用される表現です。
英語のビジネスメールでよく見かけられる表現が下記のようなものです。

ビジネス英語 emailー大阪梅田の英会話学校PHILLIP JAMES

BtoBビジネスでは、初めてメールをする方とはフォーマルのEメールで連絡を取り合います。二回目以降のメールは状況に合わせてセミフォーマルかインフォーマルな表現のメールをすることが多いです。

ビジネス英語インフォーマル表現

ビジネス英語ー大阪梅田の英会話学校PHILLIP JAMES

インフォーマルな表現は友人や知人にEメールを送る時などに使用します。ビジネスシチュエーションでも、取引先相手との関係が上手くいっていれば、インフォーマルの英文メールは頻繁に使用されています。

ビジネス英語 emailー大阪梅田の英会話学校PHILLIP JAMES

インフォーマルの英文メールでは、書き出しの”Dear”という言葉や締めの”Kind Regards”という言葉は不要になります。
書き出しに関しては、”Hi, 相手の名前”というカジュアルな表現が使われます。

まとめ

ビジネス英語の「フォーマル表現」と「インフォーマル表現」の違いは分かりましたでしょうか?
ビジネス英語の表現は状況によって多くの表現で言い換えが可能ですので、ぜひ大阪梅田の英会話スクールPHILLIP JAMESのビジネス英語コースに質問しに来て下さい!

ビジネス英語を学びたいなら?

英語を始めるならPHILLIP JAMESで

「忙しいけど学びたい。続けられますか?」
「退屈しない授業が受けられるスクールですか?」
「留学関連の情報はもらえますか?」
PHILLIP JAMESの体験レッスンでよく聞かれるご質問。答えは全てイエスです。
日本では数少ない英語学校スタイルのPHILLIP JAMES。もしあなたが、自分のペースで英語を楽しく学びたい、仕事にも役立てたいけれど知識や教養として学びたい、そう考える人なら一度体験して欲しいスクールです。
 
通学型はもちろん、テレワークで働く方々を応援するべく今年新たにオンラインコースも開設。オンラインでも通学型さながらの退屈しない充実の90分授業を体験してみませんか?

11月30日まで!秋の学習応援キャンペーン

現在、秋の学習応援キャンペーンで全コース表示価格より5%オフ!
従来の通学型に加え、テレワーク応援期間として今年6月新開講のオンラインコースも対象です。
この機会に是非とも、英語学習を始めてみませんか♪

秋の学習応援キャンペーン全コース5%オフ

関連するオススメ記事一覧

カテゴリー