イギリス英語の発音を学ぶなら知っておくべき”RP”という言葉

ライター. Masashi
スピーキング

大阪梅田の英会話学校PHILLIP JAMESです。phillip jamesのCEOがイギリス人ということもあり、イギリス英語に毎日触れている生活を送っています。

イギリス英語を勉強したい!と思った方で、勉強をしていく中で”RP”(received pronunciation)という単語に出会った方も多いと思います。

今回は”RP”とは何なのかと、イギリス英語の発音の学習素材をご紹介したいと思います。

RP(Received Pronunciation)

pronounce

RPとは、ステレオタイプ的なイギリス英語の発音で”Queen’s English(クイーンズイングリッシュ)と呼ばれる英語です。

特にイギリスの南部で話され、上流階級が話す言葉とされてきました。BBCで話される英語もRPとされていましたが、現在は様々な地域の英語がBBCでも話されています。

イギリス英語といっても、ウェールズやスコットランドなどの地域で話されるアクセントは全く違ってきます。

この理由から、イギリス英語の発音を学びたいと思った時は、どの地域の発音に興味があるかを考えて勉強を始めたらいいでしょう。

BBC RP pronunciation tips vieo

イギリス英語を学ぶということで、RPを学びたいという方も多いかもしれません。このビデオはBBCが提供しているイギリス発音が勉強できるものです。

イギリス英語の母音や子音の違いなどが発音記号と音声ありで説明されているので、どんな違いがあるのかが分かりやすく説明されています。

レイ・ファインズの英語はRP(received pronunciation)

レイ・ファインズは「ハリー・ポッターと死の秘宝」でヴォルデモート役を演じたり、「007スペクター」でボンドの上司M役を演じた俳優です。彼はイギリスの上流階級出身であるため、彼の英語は”RP”のイギリス英語です。

イギリス英語の発音を大阪で勉強するなら?

イギリス英語の発音を学習するならば、イギリス人の英語講師歴が長い人に教えてもらうことが一番です。
大阪梅田の英語会話スクールPHILLIP JAMESではイギリス英語の発音も学ぶことができますので、ぜひイギリス英語の発音を学びたい人はお越し下さい!

イギリス英語を学びたいなら?

英語を始めるならPHILLIP JAMESで

「忙しいけど学びたい。続けられますか?」
「退屈しない授業が受けられるスクールですか?」
「留学関連の情報はもらえますか?」
PHILLIP JAMESの体験レッスンでよく聞かれるご質問。答えは全てイエスです。
日本では数少ない英語学校スタイルのPHILLIP JAMES。もしあなたが、自分のペースで英語を楽しく学びたい、仕事にも役立てたいけれど知識や教養として学びたい、そう考える人なら一度体験して欲しいスクールです。
 
通学型はもちろん、テレワークで働く方々を応援するべく今年新たにオンラインコースも開設。オンラインでも通学型さながらの退屈しない充実の90分授業を体験してみませんか?

2021年1月30日まで!
年末年始のお年玉感謝祭、実施中

現在、英語学校PHILLIP JAMESでは一年で一番BIGなお年玉感謝祭、実施中!
全コース全プラン表示価格より5%オフ、さらに期間限定で最大4回分のレッスン追加プレゼント!もちろんグループもマンツーマンも、通勤帰りや気分転換に最適な通学型も、テレワークに嬉しいオンラインも全て対象。
一般英語コースだけでなく、IELTS対策、医療・法律・エンジニアなどの専門英語もすべてお安く、最大で51,200円のお得です♪

この機会に是非とも、英語学習を始めてみませんか♪

年末年始のお年玉感謝祭!全コース5%オフ&レッスン追加プレゼント中

関連するオススメ記事一覧

PAGE TOP

カテゴリー