企業で求められるTOEICスコアとは?(2018年最新)

ライター. Masashi
TOEIC
このエントリーをはてなブックマークに追加
TOEIC

日本の企業ではTOEICが就職や転職の時に採用の一つの基準とされています。実際にTOEICスコア何点が企業で求められているか気になりますよね?

今回は企業が求めるTOEICスコアをまとめてみたので、新卒就職や転職の際の参考にしてみて下さい。

履歴書に書けるTOEICスコアとは?

日本の企業の面接を受ける時、一般的に履歴書に書けるTOEICスコアは600点以上だと言われています。

つまり、600点より下の点数だと、履歴書に書かないほうがいいという面接担当者の方もおられます。

企業が求めるTOEICスコアのボーダーラインも参考に。

日本の大企業が求めるTOEICスコアのボーダーラインとは?

企業が求めるTOEICの点数によると、730点がTOEIC L&Rテストにおいての大企業のボーダーラインということです。

この点数を見て皆さんはどう思われましたか?

「予想より低かった!」「今の点数ではまったく届かない点数だ・・・」など様々な意見があると思います。そこで次に、日系企業が求めているTOEICスコアを会社毎に確認してみましょう。

日系企業で求められるTOEICスコアとは?

TOEIC スコア 企業名
900点 ソフトバンク株式会社
800点 楽天株式会社
700点

株式会社ジェイティービー

日産自動車

日産自動車株式会社

ファーストリテイリング

武田薬品工業

600点

ANA(全日本空輸株式会社)

川﨑重工株式会社

パナソニック株式会社

オリックス株式会社

ピジョン株式会社

アサヒビール

日本IBM

上記の企業が求めるスコアは「新卒」に求められるTOEICスコアが主となっています。

もしあなたが管理職や経営層であるようなら、このスコアよりもはるかに高いスコアが求めれる可能性はかなり高いと予想されます。

大企業が求めるTOEICのボーダーラインが730点と上記で紹介しましたが、600点を最低ラインとしている会社もそれなりにありそうです。

TOEIC対策をしたい方は、下記のリンクも参考にしてください。

TOEIC試験におすすめな単語帳まとめ(2017年最新版)

英語講師が厳選したTOEIC文法対策おすすめ本

まとめ

企業で求められるTOEICスコアの表の中に、あなたが興味ある企業はありましたか?

TOEICのスコアが高いだけで就職活動が上手くいく訳では決してありませんが、就職の際の一つの採用基準としては重要視されている項目の一つであるのは間違いないでしょう。

大阪でTOEICスコアを上げたいと思っている方は、一度梅田の英会話スクールPHILLIP JAMESにお問合せ下さい。

もっと英語力を伸ばすなら。大阪梅田の英語学校へ

受講生の声

キャンペーン詳細をチェック
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するオススメ記事一覧

カテゴリー