外来語=英語は間違い?!「アルバイト」は英語で何という?

ライター. たぬちゃん
話す
このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪梅田の英会話スクールPHILLIP JAMESです。私たち英語を学ぶ者の間違えやすいことの1つに、「外来語=英語」だと勘違いして英会話の中で使ってしまい、「あれっ? 意味が通じない?」となってしまうことがありますよね。

例えば、もうすっかり日本語になっている「アルバイト」ですが、これは実はドイツ語で、意味は「仕事」そのものを指します。

日本語として使うような副業的な意味合いはありません。仕事を英語に訳すと「work」、英語でアルバイトと言いたい時は「part time job」を使いましょう。

ちみなに「パートタイマー」を英訳すると「part-time worker」「part-time emproyee」といった表現もありますが、口語的には「part-timer」でもちゃんと通じますので、そこはご心配なく!

そういえばエルトン・ジョンの歌で「part-time love」、スティービー・ワンダーの歌では「part-time lover」というのもありました。

これは文字どおりの意味で「フルタイムの恋人」ではない「恋」「恋人」(それを恋や恋人と呼ぶならば?)ということです。

話がそれましたが、ドイツ語から来た外来語で日本語になっているものの中には医学・化学用語も多く、「カルテ」「ギプス」「エネルギー」(ドイツ語表記では「Energie」)「アレルギー」などがそうですね。

「ギー」で終わる語には他に「イデオロギー」などというものもありますが、「エネルギー」を英語で言うと「energy(エナジー)」となるように、この「ギー」で終わる語に関しては「英語ではなくドイツ語かも?」と疑うクセをつけてくださいね。

スペルを見比べていただくとほとんど変わらず、発音の仕方が違うだけという語も英語-ドイツ語間には結構多いものです。

自然な英語を身に着けるには?

単語を覚えるだけじゃなくて、もっとネイティブの様に話したい! ネイティブと笑い合いながら楽しく話してみたい! そのために、もっと自然な英語を身に付けていきたい……

そんな悩みを解消するために、大阪梅田の英会話スクールで基礎からしっかりと学習。

読む/書く/話す/聞くを基礎から徹底的に勉強することで、細かなニュアンスもしっかり把握でき、自信を持って話せるようになります。

また、授業はすべて英語で行われるため、日本にいながら海外留学中の語学学校で学んでいる感覚で学習ができます。

今日から
英語をはじめる。
受講満足度92%
英語学習のエキスパートが
あなたの「出来ない」を「出来る」に変える。
大阪 梅田 英会話
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事一覧

カテゴリー