間違えやすい英会話フレーズ| Nice to meet youとNice to see youの違いって?

ライター. Masashi
話す
このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪梅田の英会話学校PHILLIP JAMESのMasashiです。英会話や英文法において間違えやすい表現というのが存在します。初対面の人と会った時に「初めまして」と日本では言いますよね?では英語で「初めまして」はどういうのでしょうか?

「初めまして」は英語で”Nice to meet you”ということを覚えているかたは多いと思いますが、”Nice to see you”って同じ意味じゃないのと疑問に思ったことがありませんか?今回は似ているこの二つのフレーズの違いについて紹介していきたいと思います。

Nice to meet youを使う時

greeting

Nice to meet youを使用する時は、あなたが初めてその人と会う時に使います。日本語で言う「初めまして」はNice to meet youを使います。It was a nice meeting you という表現もありますが、これは「会えてよかったよ」というような過去を示す表現となります。

It is a pleasure to meet you表現はより丁寧な言い方となりますので、感謝を表したい時に使いましょう。

Nice to see youを使う時

Nice to see you を使用する時は、あなたが既にその人と会ったことがある時に使います。初めて会った人に対して、”Nice to see you”と言うと、以前会った事があるのですか?と思われますので注意してくださいね。

まとめ

意識していないと間違えそうな英会話フレーズ”Nice to meet you”, “Nice to see you”ですが、どのような状況で使用するかを覚えておけば問題ありません。

今日から
英語をはじめる。
受講満足度92%
英語学習のエキスパートが
あなたの「出来ない」を「出来る」に変える。
大阪 梅田 英会話
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事一覧

カテゴリー