英語のリスニング力が格段に上がる勉強方法「ディクテーション」

ライター. Masashi
聴く
このエントリーをはてなブックマークに追加
dictation

大阪梅田の英会話学校phillip jamesのMasashiです。みなさん英語のリスニングは得意ですか?英語のリスニングは英語の音声を聞くだけで上達するという話もありますが、その勉強方法では上達はかなり遅いでしょう。

今回オススメした英語のリスニング力が上がる勉強方法は「ディクテーション」というものです。個人的には、大学の時にEnglish Journalの本一冊をディクテーションしたときにかなり効果がありましたので、ぜひ皆さんも試してください!

英語リスニング勉強方法「ディクテーション」とは?

listening

英語のリスニング練習に効果的な勉強方法に「ディクテーション」というものがあります。「ディクテーション」とは、聞こえた英語を全てライティングするという練習方法です。

前置詞や助詞などのすべての単語を書き起こそうと思うと、必ず自分には聞こえていない音があるはずです。この音こそが、「話している英語が分からない」という事の大きな原因になっています。

ディクテーションのメリット

dictation

英語のリスニング練習において、ディクテーションのメリットとは、自分の聞こえていない英語の音声が何かが発見できることです。

英語のリスニングが苦手な方で、「英語で何を言っているか分からない」という事には様々な原因が考えられます。例えば、知らない英単語があることや、自分の想像している発音と違う、イントネーションが分からないなどです。

このような「英語が聞こえない」原因を、ディクテーションをすることで見つけることが出来ます。

英語ディクテーションのやり方

1:英語のリスニング教材を選ぶ

まずは自分にレベルに合った英語のリスニング教材を選ぶ必要があります。あまり難しいの選んでしまうとやる気がなくなるので、少し簡単だと思えるレベルから始めるのがオススメです。また、テキストが必ずあるものを教材として選びましょう。

2:英語のリスニングとディクテーションをする

選んだ教材を利用して、リスニングを始めて、聞こえてきた英語の文章をすべて書き起こします。(全ての単語が書けなくても問題はありません)

3: 2~3回ディクテーションを繰り返す

二回目以降は一回目に分からなかった単語が何かに注意しながら、再度ディクテーションを行います。この時は、聞こえなかった単語を理解しようとする意識が大事です。

4:分からなかった単語をテキストで確認

自分が聞こえなかった単語をテキストで確認しましょう。そして、なぜ聞こえなかったかの原因を分析しましょう。この分析をすることで、今後その単語が聞こえるようになってきます。


梅田の英会話スクールで勉強した英語に磨きをつけましょう!【英語学校PHILLIP JAMES】

今日から
英語をはじめる。
受講満足度92%
英語学習のエキスパートが
あなたの「出来ない」を「出来る」に変える。
大阪 梅田 英会話
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事一覧

カテゴリー