日本の学校で英語が上達しない3つの原因

ライター. Masashi
知識
このエントリーをはてなブックマークに追加
english learning

大阪梅田の英会話スクールPHILLIP JAMESのMasashiです。2020年には小学校3年生から英語学習の必修化が決定され、ますます日本の英語学習の開始年齢が下がり始めてます。

しかし、一つ疑問を挙げるならば、英語を教えることが出来る英語教師は確保できているのか?ということです。
今回は「日本の学校で英語が上達しない理由」という英語教育への疑問点を考えていきたいと思います。

英語教師のレベルがバラバラ

英語の先生

あなたが中学校、高校生の時、英語の先生はどんな人でしたか?

僕の場合幸運にも素晴らしい英語の先生に恵まれたおかげで、英語を勉強することが好きになりました。

しかし、実際は英語教員のレベルは本当に人それぞれです。英語を全く話せない人でも、教職の単位を取得して教員免許に合格すれば、英語教員になれます。

友人の高校の先生には英検などの資格を一度も受けたことがない人がおられて、英語も全く話せなかったそうです。

英語教授法を専門に勉強していない

english

日本では英語教員になるためには、英語教授法という単位を取得する必要があります。

しかし、学部によっては英語教授法の授業内容が基礎だけで終わっているところが多く、英語をどのように教えればいいのかを理解している先生は少ないです。

英語学習目標がない

purpose

日本の中学校、高校では受験のための英語学習になっていることが多いと思います。

受験のための勉強だと、勉強をする目標の設定ができません。そんな環境では、英語の効率的な学習が出来ないです。

大阪の英会話スクールPHILLIP JAMESの教師

PHILLIP JAMESの講師はケンブリッジ大学が認定する英語教授資格”DELTA” (Diploma in English Language Teaching to Adults)のカリキュラムに従ってトレーニングを受けた教師だけが在席しています。

英語教授法をマスターした英語講師陣の授業はこちらからお申込みください!

梅田の英会話スクールPhillip Jamesの無料体験レッスン申込はこちらから

大阪で英会話を学ぶなら梅田の英会話スクールPHILLIP JAMESで!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事一覧

カテゴリー