”復習”こそ上達の近道。学んだ英語を脳に定着させる3つのポイント

ライター. yasue
知識
このエントリーをはてなブックマークに追加
復習

梅田の英会話スクールPHILLIP JAMESです。

人間は忘却の生き物、なんて言うけれど、せっかく勉強したことを忘れるのは残念無念。
英語の授業で学んだことを、いざ実践でスッと引き出せるよう記憶するには、復習こそが大切です。

これは英語に限らず言葉の学習すべてに通ずること。

幼児が同じ絵本をしつこく「これ読んで」とせがむのは、そうして復習することで、言葉を脳に定着させているのです。

Point 1. 習ったらすぐ復習

ちょっと話はそれましたが、そんな子どものように、ぐんぐん英語を吸収するコツ。
まず一つめは、復習のタイミング。

有名な「エビングハウスの忘却曲線」によると、人は暗記したことを
20分後に42%忘れ、1時間で56%、1日で74%、1週間で77%、1カ月で79%忘れるのだとか。

つまり学んだら、すぐに復習することが肝心。

学習10分後に人間の記憶は頂点に達するとも言われるそうです。
たとえば授業のすぐ後と、翌日にもう一度復習。
すると以降は忘却の度合いは緩やかとも言えるのです。

Point 2. 声に出して記憶を強化

ではどのように復習するのか。それが2つめのポイント。
単語、フレーズ……いずれも書きとめるのと同時に、声に出すことが大切
「見る(読む)」「聞く」そして「声に出す」ことで、記憶力はより高まります。

Point 3. 体験は最良の学習機会

3つめのポイント、それは体験と結びつけた学習。
たとえば英語の授業や英語実践の場面で、
「コレどう言えばいいんだ!?」と言葉に詰まってしまった表現、
「ソレどう言う意味!?」と理解できなかった相手の言葉、

これらを流さず、後で調べて、書きとめ、そして声に出してみること。
体験と結びついた学習は、記憶に定着しやすいのです。

反復と実践で、話せる喜びの好循環が生まれる!

こうして記憶の引き出しに入れたら、後でもう一度読み返し、翌日にも目を通す。
そして例えば1週間後の英語のレッスンで、覚えたフレーズを声に出して使ってみることで、また体験と結びつき、その英語がしっかり自分のものに。

この繰り返しで、英語を話せる喜びが増していきます。

そんな学習の好循環を、復習を通して創りだしましょう。

英語の反復と実践練習は、英会話学校PHILLIP JAMES(大阪)で一生記憶に残る勉強をしましょう!

今日から
英語をはじめる。
受講満足度92%
英語学習のエキスパートが
あなたの「出来ない」を「出来る」に変える。
大阪 梅田 英会話
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事一覧

カテゴリー