大阪梅田であなたの英会話のレベルチェックをしてみませんか?

ライター. Masashi
知識
このエントリーをはてなブックマークに追加

梅田の英会話スクールPHILLIP JAMESのMasashiです。自分の英語のレベルを客観的に知っているでしょうか?

英検やTOEICなどの資格試験で自分のレベルは把握しているという方はいると思いますが、それは英語の4技能トータルの力を測れていますでしょうか?

今回は大阪梅田の英会話スクールPHILLIP JAMESが行う、あなたの英語をどのように測っているかのレベルチェックシートをご紹介致します。ぜひこの際に自分はどのレベルなのかを考えてみてください!

大阪梅田の英会話学校PHILLIP JAMESの英語レベルチェックシート

level check sheet

大阪梅田の英会話学校phillip jamesでは、CEFR(Common European Framework of Reference for Languages)に基いた英語の4技能の能力を測るレベルチェックシートを使用しています。(CEFRは国際的に認められた英語能力を測る基準です)

英語初級レベル(A1)

英語の初級レベルでは、「初めまして」の挨拶や英語で話せる。「簡単な何かの説明や質問を」を英語で理解できるレベルと設定されています。TOEICの点数としては、120-224点取得できるレベルです。

英語準中級レベル(A2)

英語の準中級レベルでは、海外で簡単な買い物を英語で出来ることや、「ゆっくり話してもらえれば、おおまかな内容が理解できる」というレベル設定となっています。TOEICの点数としては、225-549点取得できるレベルです。

英語中級レベル(B1)

英語の中級レベルでは、「気軽な英会話なら参加できる」や「身近な話題なら大体英会話の内容が理解できる」レベルと設定されています。TOEICの点数としては、550-784点取得できるレベルです。IELTSでは、4.0-5.0のレベルです。

英語準上級レベル(B2)

英語の準上級レベルでは、「日常会話はほぼ無理なくできる」や「海外映画やドラマの内容を、英語で大部分理解できる」レベルと設定されています。TOEICの点数としては、785-944点取得できるレベルです。IELTSでは、5.5-6.5のレベルです。

英語上級レベル(C1)

英語の上級レベルでは、「伝えたい事を色々な語彙や表現で伝えられる」や「知らない話題でも相手の言う内容を理解できる」レベルと設定されています。TOEICの点数としては、945以上取得できるレベルです。IELTSでは、7.0-8.0のレベルです。

英語上級プラスレベル(C2)

英語の準上級レベルでは、「言葉の制限なく自由に会話できる」や「抽象的、複雑な話題もほぼ正確に理解できる」レベルと設定されています。IELTSでは、8.5-9.0のレベルです。

英語学習を自習しているだけでは、なかなか自分の英語力を客観的に知るのは難しいです。そんな時は、大阪梅田の英会話スクールPHILLIP JAMESでレベルチェックしてみましょう!

今日から
英語をはじめる。
受講満足度92%
英語学習のエキスパートが
あなたの「出来ない」を「出来る」に変える。
大阪 梅田 英会話
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事一覧

カテゴリー