梅田の英会話学校PHILLIP JAMESの講師が優れている理由:CELTAとDELTAとは?

ライター. Masashi
知識
このエントリーをはてなブックマークに追加
studying

大阪梅田の英会話学PHILLIP JAMESのMasashiです。英会話学校に通うときに気になる一つの項目として、英会話学校の教師のレベルが気になりますよね?

教師のレベルを知る一つの客観的な視点としては、英語教授法の資格を講師が取得しているかどうかで判断することが可能です。

梅田の英会話学校のPHILLIP JAMESの講師は、全員CELTAかDELTAの資格を取得して、学んだ英語教授法を活かしての効果的な授業を行ってます。今回は世界的に有名な、CELTAとDELTAという資格についてご紹介したいと思います。

study

CELTA

CELTA(Certificate in English Language Teaching to Adults)とは、イギリスのケンブリッジ大学英語検定機構が授与する大人向けに第二言語として英語を教える英語教授の国際資格です。

日本ではまだ知らない方もいますが、世界的には第二言語として英語を教えるならこの資格を持っていれば有利とされるようなとても有名な資格です。 

DELTA

Diploma in English Language Teaching to Adultsも大人向けの第二言語として英語を教える資格ですが、こちらは最低2年の英語教師としての実務経験がある事が資格取得の条件とされており、CELTAよりも高度な資格となっています。

ケンブリッジ大学英語検定機構が授与する英語教授に関する国際資格であり、大学院修士号と同等資格として認定されています。

世界で英語教師に求められている資格:CELTA

celta

tefl.com(CELTA保持者が仕事を探せるサイト)

上記は、英国での教師の募集要項ですが、Qualificationsの場所は最低CELTA保有を求めているところがほとんどです。

大阪梅田の英会話学校phillip jamesの講師は全員CELTAかDELTAの資格保有者です!それだから出来る授業の高さをぜひ体験してに来てください。

今日から
英語をはじめる。
受講満足度92%
英語学習のエキスパートが
あなたの「出来ない」を「出来る」に変える。
大阪 梅田 英会話
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事一覧

カテゴリー