ビジネスにありがちなカタカナ英語2:ジャストアイデアって何だ!?

ライター. yasue
ビジネススキル
Successful-businessman

海外では通じない!そんな間違い&勘違いジャパニーズイングリッシュをご紹介するシリーズです。

ジャストアイデア」の間違いには、私たちの苦手が隠れている

会議などでちょくちょく聞くのが「これジャストアイデアですけど…」という言い方。
「思いつき」と言いたいようですが、これぞジャパニーズイングリッシュ、
英語の会議では通じないフレーズです。
文法的に正しいのは、“just an idea”
不定冠詞の“a”や“an”は私たちが見落としがち。これこそが間違いのポイントです。
フレーズとしては、“It’s just an idea…”などと表現します。

伝え方次第でアイデアの印象も変わる

ただし「ジャストアイデア」に含まれる”just“は「単なる」「ただの」というニュアンスなので、使い方には注意が必要。
“I have an idea”と言うほうが印象良く伝わることも。

あなたの思いつきが”That’s a good idea!”と評価されるためにも、伝え方には気をつけましょう。

海外で通用するビジネス”スキル”を磨く

ビジネス×英語へのアプローチで日本語同等以上のパフォーマンスを。

PHILLIP JAMESでは、こういった様々なビジネススキルが学べるビジネス英語コースをご提供しております。コースの目的は、英語でも日本語同等もしくはそれ以上のパフォーマンスを獲得すること。それにはバランスの整ったInputとOutputが重要。知るだけでなく、自分のケースに当てはめて、利活用できる力を養います。
必要なのは継続性、プロフェッショナルな人は知っているその効果。


大阪で英会話の結果を出すなら!【英語学校PHILLIP JAMES】

関連する記事一覧

カテゴリー