IELTSリーディング勉強方法7選

ライター. Masashi
資格
このエントリーをはてなブックマークに追加
reading

大阪市の英会話スクールPHILLIP JAMESのMasashiです。海外留学を目指している方で、IELTSを受験しなくてはいけなくなった方いらっしゃいますよね?なかなかIELTSの勉強は普通の英語の勉強と違って難しいものです。

今回はIELTSの勉強で、特にリーディングに関する勉強のアドバイスを「IELTSのリーディング学習方法のコツ6選」としてご紹介したいと思います。

PHILLIP JAMESはIELTS対策コースが有名な大阪の学校です。関西でIELTSスコアをアップした方は、ぜひ一度お越し下さい。

IELTSのリーディング勉強方法

reading

IELTSの単語力をつける

長文読解においては、知っている単語が多ければ多いほど有利となります。時間があるときは、まずこちらで紹介しているIELTS用の単語集で語彙力をしっかりとつけておきましょう。

IELTS単語集スコアアップに必須な4つの本と対策方法まとめ

IETLSの回答時間を把握する

IELTSのリーディングセクションでは、60分間に40問に対して回答をしなければなりません。それは、90秒に対して1問のペースで回答をする計算になります。(これは設問を読む時間を除いての時間です)

このスピードで回答していくには、答えがすぐに分からない問題はスキップして、次の設問に進む必要があります。時間が余ったら分からなかった設問に戻ってきましょう。

IELTS文章の難易度の流れを知る

通常、IELTSのリーディングの文章は簡単な文章から始まり、設問が進むにつれて難しくなる傾向があります。後ろの方に問題が難しくなっても平常心を保ちましょう。そういう流れになっていることを事前に知っておく事が大事です。

IELTSでは簡単な問題から解く

簡単なリーディングの文章から始まるため、正答率も始めの問題の方が高くなる傾向があります。高得点を狙うためには、簡単な設問は絶対間違えないようにしましょう。

IELTSの設問と回答の形式を知る

IELTSのリーディングでは、全ての設問と回答は同じ形式になっています。設問を答えを探すときは、この形式を理解して、誤解答を防ぎましょう。

IELTSのリーディングは設問の意味を理解する

IELTSのリーディングの設問はよく文章の情報がパラフレーズ(言い換え)されています。正しい答えを探すときは、「単語」で探すのではなく、「意味」で探しましょう。同じ単語で探すとひっかけに合ってしまうときもあります。

質問から読むか解答から読むのがいいか?

文章を先に読んで質問を読む方が良いと言う人もいれば、質問を読んでから文書を読んだ方がいいという人もいます。

これは自分がIELTSのリーディングを練習する時に両方試して、どちらが自分にとって効率がいいのか判断しましょう。

まとめ

IELTSリーディング勉強方法7選は如何でしたか?日本人はリーディングが得意だと言われていますが、IELTSのリーディング対策はしっかり準備しておかないと、自分の欲しいスコアに到達できないでしょう。

IELTリーディングのスコアアップに役立つ記事はこちら

IELTSリーディングスコアアップには「文化」の理解が大事?

IELTSスコアを関西で上げたい!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事一覧

カテゴリー