ロンドン体験 語学学校に行ってみたよ 第1回初登校編

ライター. きのこ
海外生活
このエントリーをはてなブックマークに追加

JR大阪駅から徒歩5分。 大阪梅田の英会話学校Philip Jamesのライターきのこです。

現在大阪梅田で語学学校に勤めている私ですが、2012年秋冬ロンドンの語学学校に留学しました。その時選んだ学校は以前『ロンドン留学第4回 語学学校を選ぶ5つのポイント』でご紹介しました、UAL付属のLanguage Centreです。Centreの綴りがイギリスですよね。。今だに心の中で「セントレ」と唱えます。綴り間違えないことにプライドかけてます。

さて今日のテーマは語学学校初登校です。入学式のような盛大なものはなく、当然同伴の保護者もいませんが、本人にとっては記念すべき初日です。では今からその日に起こった出来事をつまびらかにしていきましょう!わくわくしながら初登校~!!

語学学校に行ってみた第1回初登校編

わくわくしながら・・・雨。まぎれもなくここはロンドン。気を取り直して登校した初日は、流れ作業で生徒になる準備をしました。

・入館登録
・学生証作成
・学校ガイダンス
・名簿登録
・自己紹介カード記入
・グループ討論
・個別レベルチェック
・学校ツアー
・オイスターカード申請

どこからつまづいたかというと、名簿登録からです。

初登校困ったその時1 名簿登録

きのこはそれまで海外旅行もほぼなく、井の中の蛙ニッポンジンですから名簿に「国籍」「肌の色」「瞳の色」など書く経験は皆無。生まれた場所も聞かれたら「産院?」てな程度。そこはどうやら「日本」と書くのが正解のようでした。続けて「肌の色」についてはもう白だか黄色だかわからなくなり周りにいたガイダンスのお姉ちゃん(正しくはスチューデントサポートセンターの主任)に「私のお肌何色ですか?」と聞いたくらい。デパートのお化粧品売り場でファンデーション選びしている女子さながらの質問にお姉ちゃん失笑。瞳の色も黒だけど、よく見ると茶色いし、、、いえ、デパートのお化粧品売り場はもうやりませんでした。ですが、何色に丸をつけたか覚えていません。
 
自己紹介カード、こいつも曲者でした。

初登校困ったその時2 自己紹介カード

「将来の夢」「英語を学ぶ目的」などが質問事項に挙げられていて井の中の蛙ニッポンジンはあまりそういった「好きなこと」や「夢」や「自信のあること」を話す習慣はありませんし、「どう答えたらあまりみんなとずれないかな」といった無難な内容を選びがち。社会人経験10年のきのこはまして、イギリスに来た理由がホリデー「何もしないこと」「将来のことを考える前にしっかりたっぷり無職を楽しむこと」だったのでなんかネガティブ~~。このままいったら悪い印象を与えてしまわないかビビりまくりました。ええ、ここが井の中の蛙ニッポンジン今でしたら「リフレッシュして海外旅行を楽しむために英語が一番必要だと思うから学習環境のよいこの学校を選んだんだ!」とか何とか言えるでしょうに。びびりのまま、更なる曲者グループ討論へ。

初登校困ったその時3 グループ討論

実はこの時、同時期スタートの学生は一斉に1つの部屋に集められ、ランダムにテーブル席に着席して上記にある学校ガイダンスを一緒に聞き、名簿登録から自己紹介カードを書き書きしています。ちなみにこの時点では、学校関係者はスチューデントサポートさんのみ。さて、ここからなんと書いた内容について討論しましょう!という乱暴なもの。
 
ひええええええええ!!!!
 
です。社会人10年の実績はどこへ!度胸はどこへ!昔から割とファシリテートや司会、緊急事態の対応要員ではありましたが英語では何ともできない。無力。しかも自分の書いた内容をみんなの前で理由をつけて言うなんて、もう、
 
帰りたい。
 
そんな気分でした。いえ、昔から学校は苦手で遅刻と早退が人よりちょっと多くて先生に声をかけられるタイプだったのですが自腹で来ている今回ですらこの気分。そんな中スタートしたグループ討論、ああラテン系のかわいい女の子が引っ張って行ってくれて楽~。しかも賢くてみんなの意見出してくれたり聞いてくれたり何この彼女、一緒に仕事したらやりがいありそう~・・・とか何とか軽く意識飛ばして緊張を回避しようとしてる間に気付けば終了。と、その時実は教室の外では午前の授業が終わった講師陣が待ち構えていたのです。

初登校困ったその時4 個別レベルチェック

あまりのハイテンションと用意周到じゃない自分はその日その瞬間まで知りませんでした。何をって?それは
明日からのクラスは今この瞬間のレベルチェックで決まることに
普通はわかりますよね、今までテスト的なものを一切クリアしてない自分のクラスがまだ決まってないことくらい。ええ、それくらいのことを気付きもしなかったきのこはある意味すごいと思います。相手に全部お任せしたその度胸が。もっと突っ込むと、翌日の授業開始までそれがレベルチェックだったということすら気付きませんでした。「なんでいま個人面談してるんだろう?」と頭にはてなを無数に浮かべながら怪訝な表情で質問者(講師)の質問にしどろもどろで答えたこの時が、今日一番の緊張でした。語学学校にレベルがあることを知らなかったんですね。笑。もうここまで来るときのこ素晴らしいです。何せホリデー。流れに身を任せるばかり。

余談ですが。お金について。

『ロンドン留学第4回 語学学校を選ぶ5つのポイント』でも紹介したこの学校の学費はたっっっ○×▼かい!!!!です。公立理系大学卒のきのこには、その大学4年分に相当する学費をこの5か月間の授業料として支払いました。もちろん周りは世界レベルのお金持ち、芸術家のタマゴ達なので生まれたころから必要な環境を整えることができるバックグランドをお持ちですから、爪の先火をともして英語に専念する生徒はほぼ皆無でした。きのこですか?きのこはホリデーですが自腹なので、あれこれ学校のメリットを算段してから退職金ほかかき集めてバーンと支払いました。もちろん帰国後はすってんてん確定です。
 
では、次回語学学校に行ってみたよ第2回授業編をお送りします。
お楽しみに!

398056_320132614762432_2111693475_n

今日から
英語をはじめる。
受講満足度92%
英語学習のエキスパートが
あなたの「出来ない」を「出来る」に変える。
大阪 梅田 英会話
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事一覧

カテゴリー