ロンドン留学第10回 知らなきゃ損、イギリスのクリスマス事情

ライター. きのこ
海外生活
このエントリーをはてなブックマークに追加

はーいこんにちは、熱狂的な読者の皆さんいつも直接鼓舞してくださってありがとうございます。筆の遅いキノコです。さて、今回はロンドン留学シリーズ最終回です!
今時のネタをやります。時事ネタ。ロシアのルーブル暴落でも、ボーナス支給額でも、円高でもリコールでも、ノーベル賞受賞でもありません。
時事と言えば『クリスマス』


たとえばクリスマスマーケット、今では国内のあちらこちらでみられるようになりましたが本場はきっとヨーロッパ。イギリスは後発ですがそれでも各地で楽しいクリスマスマーケットが開催されます。今回のテーマは『滑知らなきゃ損、イギリスのクリスマス事情』です。キノコお勧めのクリスマスマーケットも後でご紹介。クリスマス前の飛行機チケットが安いうちに!!行ってしまいましょう。果たして間に合うのか。。。

ではまずクリスマスマーケットについて。日本では24日をピークに前後数日でまるで恋人たちだけのものかのように盛り上がりますが、イギリスは含めヨーロッパはその前1か月は余裕でクリスマス準備で町中がにぎわいます。ちょっと自分だけわくわくすると恥ずかしいのかな。。なんてことは全く杞憂。ちょっとくらいウキウキした空気が周りのみんなをも楽しくさせてよい塩梅です。むしろ日本人のんびりしていて皆の雰囲気に圧されるくらいがちょうどいいでしょう。

その前1か月、と触れましたが例えばスケジュールはこんな感じです。12月最初の1週目から毎週末、各地でクリスマスマーケットを開催、クリスマス当日はお友達と楽しくパーティ、翌日も余韻を楽しみつつ年末に向かう。そんな中あるツアーガイドさんからクリスマスマーケットの由来について興味深いお話を聞きました。
「厳しい冬を乗り越えるために12月の最初の週末から毎週末各地で物々交換のマーケットを開催して、必要な物資を調達して冬支度をするんだよ。だから今あるマーケットはその名残で今もその地方地方の名物を買いに出かけたりするんだよ。」とのことです。「アンおばあちゃんの作ったジャム、あれがないと年が越せないわ。」といった感じでしょうか。想像の範囲ですが。

さて、気を取り直してロンドン+イギリスでは町中がクリスマスの雰囲気に包まれます。
イギリスのクリスマスの目玉と言えば
スケートリンク!
クリスマスマーケット!
セール!
この3つです。

目玉1 スケートリンク

11月も終わる頃、ロンドン市内の至る所で設置されて「ああ冬だなぁ」と感じます。どうやって参加するの?いいえ準備は不要、仕事上がりに手ぶらでGo!滑るの怖い、スケボーもスノーボードもスケートももちろんしないキノコが選ぶスケートリンクベスト3はコチラ。

建物に囲まれた雰囲気がステキ。歴史の中で滑るサマーセットハウス

http://www.somersethouse.org.uk/

サマーセットハウスは文化芸術の中心地であることもあり、演出もお洒落で素敵です。ロンドンのど真ん中にあってアクセスよし、雰囲気よし、フードもドリンクもOKとくれば友達と、デートでも、ちょい遊びにもってこいです。ライトアップの照明もとてもロマンチックでおすすめです。

理系におススメロンドン自然史博物館

http://www.nhm.ac.uk/visit-us/whats-on/ice-rink/
こちらでも紹介しましたがここ、使えます。博物館で頭を使った後は外で体を動かしましょう。誰ですか?理系は運動できないって言ったのは?道路から一段下がったところにリンクがあるので、気持ちあったかいリンク。博物館ということもあり子どもちゃんのスケーターが多いのも特徴でしょうか。とっても平和です。庭のすぐ横にあるので木立の下でスケートしてる気分になれますよ!終わった後は最寄り駅サウスケンジントン界隈の素敵なレストランでお食事するのもいいでしょう。

パーフェクトなクリスマス空間ハイドパーク

http://www.hydeparkwinterwonderland.com/
ここは外せないでしょうでしょう!!2回も言ってしまいました。その名も「winter wonderland」何があなたを待っているのか。あのハイドパークを贅沢に使って移動遊園地あり、エンターテイメントあり、スケートに興じるもよし。書いてるそばからウキウキ止まりません。大人も子供も楽しみます。そして楽しむポイントは”防寒”です。足元は地面です。芝生です。ですので足元の防寒はしっかりしていってくださいね。

っとスケートリンクからクリスマスマーケットにずれていってしまっていますね。ではこのままクリスマスマーケットに行きましょう。このころ、ちょうど今くらいでしょうか、ロンドン市内のあちらこちらでマーケットが立ちます。たまたま降りた駅を出るとなんだか楽しそうな雰囲気が、、とくればそのまま歩いて行って暖かいホットワインを飲みながらお散歩するのもよし。本当に身近にあります、クリスマス。

ですが、せっかくクリスマス休暇を貰ったなら、毎週郊外のクリスマスにお出かけしてみませんか?

目玉2 クリスマスマーケット

田舎大好きキノコが選ぶイギリスクリスマスマーケットベスト3はコチラ。ちなみに1つ目は上のハイドパーク。ほかの2つはコチラ。

逃すなんてありえない、長期開催のエディンバラクリスマスマーケット

こちらのサイト、トップページの一番上、目を凝らして見て下さい。じーっくりですよ。するとなんと”4January”とあるではないですか。そうなのです、エディンバラのクリスマスは年越しするのです。不思議ですね。ここはEdinburgh Waverley駅からすぐの公園がメイン会場。イギリス北部ということもあり夜の時間が長いので、夜景が見事。巨大な観覧車を目印に歩き回れば迷子になることはありません。あたたかいホットワインを飲みながらゆっくりとお散歩してみましょう。

中世の歴史的空間にタイムスリップ、次こそ行きたいリンカーン

http://lincoln-christmasmarket.co.uk/
先にお伝えしておきます。ホームページからはその良さが伝わりません。事務的にすばらしさと予定をきちんと伝えてくれます。やはりここは体感してみなきゃ、と次回狙っています。毎年12月最初の週末4日間で開催されますので、Don’t miss it ですよ。中世に身をうずめるならバースやバーミンガム、マンチェスターも候補に入れたいところ。マーケット最終日はシュトーレンやクリスマスプディングがお手頃価格になりますよ♪

さてさて、こうして無事にクリスマス準備ができたのですが、女性のみなさん、何かお忘れではないでしょうか。そう!セール!!!

目玉3 セール!

イギリスではクリスマスの翌26日はBoxing Dayと言って(意味は省略)セール初日になります!もちろん会社もお休み。パーティで疲弊した体を引きづり、数日ぶりにサービス再開するロンドン地下鉄やバスにのってメインストリートはカオスに変貌を遂げます。カオスです。どれくらいカオスかというと、元旦の初詣、京都の秋の紅葉、朝8時台の新宿駅のような、そんな窮屈さでしょうか。あの赤い可愛いロンドンバスが人の足より遅く走ります。いえ、正しくは前進します。これも一つの風物詩でしょうか。キノコはこの日一歩も外に出ません。おうちでぬくぬくお正月用に撮りためたドラマや映画を見ることにしています。

町はこんな状態

Bargain Hunters Are Out In Force for The Boxing Day Sales

おススメリンク(英語)

ロンドンでスケートしたい方
http://www.timeout.com/london/things-to-do/ice-skating-in-london
イギリスのクリスマスマーケットを見てみたい方はこちらの画像がおススメ
http://www.telegraph.co.uk/topics/christmas/

そんなわけで、今回はロンドン留学シリーズ最終回でした!ロンドン+イギリス全土を直感で廻ったキノコの物語にお付き合いいただきましてありがとうございます。また新シリーズでお会いしましょう!

 

Merry Christmas and Happy New Year
ジェームズ君トナカイ

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事一覧

カテゴリー