オーストラリアの楽しみ方
~カフェでコーヒーを頼んでみよう~

ライター. yasueleo
海外旅行
このエントリーをはてなブックマークに追加

オーストラリアはコーヒーが美味しいって、知っていましたか?

イギリス圏だから紅茶?という気がするかもしれませんが、オーストラリアのコーヒーは、イタリア系のエスプレッソコーヒーが主流なのです。
町の至る所にカフェがあるので競争が激しいせいか、バリスタの質が高く、どこのカフェに入っても、美味しいコーヒーが出てくるのが嬉しいところです。

コーヒーの種類について

エスプレッソコーヒーは種類が多くて、どうやってオーダーすればいいのか悩んでしまうかもしれません。でも、ちょっと予習しておけば大丈夫。代表的なコーヒーの種類をご紹介します。

カプチーノ
 エスプレッソコーヒーに、ミルクとフォーミングミルクを乗せ、チョコレートパウダーを掛けたもの。
カフェラテ
 エスプレッソコーヒーに、ミルクとフォーミングミルクを乗せたもの。
フラットホワイト
 エスプレッソコーヒーに、ミルクを入れたもの。
モカ
 エスプレッソコーヒーに、ホットチョコレートとミルクを入れたもの。
ロングブラック
 エスプレッソコーヒーにお湯を入れたもの。日本のブラックコーヒーに近い。
エスプレッソ
 ストレートのエスプレッソコーヒー。かなり濃い
マキアート
 ストレートのエスプレッソコーヒーに、少量のミルクを入れたもの。それでもやはり濃い

オーダーしてみよう

メニューをオーダーする時の英語の言い回しとしては、

I’ll have a latte please.
(カフェラテ1つ下さい。)

みたいな感じでしょうか。
そして、必ずといっていいほど聞かれるのが

Have here or take away?
(ここで飲むか、お持ち帰りか、どちらにしますか?)

ということ。答えは

Have here thanks.

といった感じでOKです。
簡単でしょ?

ミルクを豆乳(ソイ・ミルク)や低脂肪(スキニー・ミルク)にしたり、カフェイン抜き(デカフ)にしたりすることもできますよ。

オーストラリアに来たら、お気に入りのカフェを見つけて、美味しいコーヒーを飲んでみてくださいね。

今日から
英語をはじめる。
受講満足度92%
英語学習のエキスパートが
あなたの「出来ない」を「出来る」に変える。
大阪 梅田 英会話
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事一覧

カテゴリー