オックスフォードからこんにちは:英語学習に最適な海外ドラマ4選

ライター. R
映画・ドラマ
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、大阪市内の英会話スクールPHILLIP JAMESのRです。

もはやオックスフォードとは関係のないブログになっておりますが……とりあえずオススメしたい内容をつらつらと書いていけたらなと思います。

行っていたのがオックスフォードということで、オックスフォード大学卒業、もしくは在学中の先生とかも多かった気がします。そんな中、超スパルタな先生がいました。オックスフォードの才女だからか完全勉強してきてましたという量の宿題。Writingとかでももはや文法や単語じゃないんですよね。見ているポイントが内容。

『書きたいこと全然伝わってこない。
あなたが言いたいことに対して量が足りないわ。』

いやいや、300wordsまでといったのあなたじゃないですか・・・と。

結局 600 wordsぐらいしか書かないと納得されなかったので、毎週のwritingは地獄でした。しかし一番英語力を伸ばしてくれたのは彼女だったので、そういった点で本当に感謝してもしきれない先生だったりします。

そんな彼女がよくクラスで言ってたのはドラマを見るか、本を読みなさい。ということでした。生きる英語に触れることで、より洗練されたものになるし、ボキャブラリなども増えるからさまざまなドラマや小説をオススメしてくれました。

今回はそんなおもしろ海外ドラマなどをご紹介したいと思います!

英語学習に最適な海外ドラマ4選

1. SHERLOCK / シャーロック

あのコナン・ドイルの原作『シャーロック・ホームズ』を現代風にリメイクした作品。

1話が90分と長めですが、1シーズン3話というコンパクトさ。なにより、展開の緻密さ、画像の綺麗さ、会話のテンポなどただただ面白い!
主役がベネディクト・カンバーバッチということもあり、イギリスでも超人気の作品です。

見どころは内容はもとより、ベネディクト・カンバーバッチの早口。これイギリス人でも

『え?なにこれ、早すぎ!』

と言っていたのが印象的でした。そういった点ではリスニングにもいいかもしれません。

現在はシーズン3まで放送されており、シーズン4の放送は決定しているので、今から目が離せません!

海外ドラマSHERLOCKで学ぶ英会話シリーズはこちらからどうぞ!

「念のため」は英語で何と言う?ドラマ『SHERLOCK(シャーロック)』で学ぶ英会話

「恩に着る」は英語でなんと言う?ドラマ『SHERLOCK(シャーロック)』で学ぶ英会話

2. Game of Thrones / ゲーム・オブ・スローンズ

ロード・オブ・ザ・リングが好きな方は恐らく好きであろうファンタジー系ドラマです。


メリカ発ではありますが、イギリス俳優も多く出演しており、イギリス英語がいいとイギリスの先生たちが絶賛していたのがいい思い出です(笑)

結構グロテスクなシーンが多く、群像劇なので好き嫌いはわかれると思いますが、さまざまな人が入り乱れて、物語が進んでいくのは圧巻です。原作がまだ終わっていないので、今後どうなるかわかりませんが、シーズン6までの放送は決定しています。

3.The Office / ジ・オフィス

10年以上前ですが、イギリスでも社会現象を起こしたドラマです。オフィスの中で上司に振り回される日々の日常を描いたドラマです。コメディなので面白いのですが、オフィスということもあり、ビジネスで使える英語を学べる点がオススメです。

4. Russell Howard / ラッセル・ハワード

これはドラマではなく、イギリスコメディアンの名前です。彼がしているRussell Howard’s good newsが面白い!イギリスらしい皮肉を混ぜてさまざまなニュースを取り扱い、面白おかしく話してくれます。

正直内容がかなりの口語が含まれているので聞き取るのが難しいですけど、これがわかればListeningにはかなり自信を持てると思います。これはYou tubeでも配信されていますので、ぜひそちらから。

最後にインターネットの発達から昔よりも英語の教材として特に動画という点では手にはいりやすくなったかと思います。BBC iplayerとかもありますし(イギリス国外で視聴できる国は限られますが。)、自分が気にいったものを繰り返してみるというのがスキルアップにつながるかと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事一覧

カテゴリー