女性が英語を活かしてキャリアアップ出来る4つの職場

ライター. Masashi
働き方
このエントリーをはてなブックマークに追加
workplaces for women

大阪梅田の英会話学Philip JamesのMasashiです。英語を勉強してキャリアアップを目指そうと思っている方は多いと思いますが、英語を活かして働ける職場はどういう職場があるのでしょうか?

今回の記事では「女性が英語を活かして働ける職場」ということで、4つの職場についてご紹介させて頂きたいと思います。
英語を勉強してキャリアアップをお考えの方は、ぜひこちらの記事で将来のイメージを膨らませて下さい!

総合職 (日系企業の海外営業/外資系企業)

総合職ー大阪梅田の英会話学校PHILLIP JAMES

日系の海外営業や外資系企業で総合職として働くことで、英語を仕事として使用できる機会があります。英語での資料作成やプレゼンテーション能力が求められます。注意点としては、外資系企業だから必ずしも英語を使用することがあるとは限らないことです。

事務職(海外営業実務、輸出入の貿易実務)

事務職-大阪梅田の英会話学校PHILLIP JAMES

英語を使用して事務職として働くには、海外営業をしている会社や輸出入の貿易実務をしている会社が適しています。
このような会社では、英語の電話やメールの対応が求められてきます。総合職がオフィスにいない場合は必ず出てきますので、その時に事務職として英語で対応をする場面は多くあります。

また、輸出入をしている会社ではInvoice(請求書)の作成やB/L(船荷証券)の発行などを英語で行う必要があり、専門的な英語をある程度覚える必要がありますが、こちらも英語を必要とされる仕事です。

英語専門職 (通訳、翻訳)

翻訳家ー大阪梅田の英会話学校PHILLIP JAMES

通訳には会議通訳から通訳案内士など幅広い分野の通訳があります。翻訳も同様に、産業翻訳、出版翻訳、映像翻訳など多種があります。どちらの仕事も高レベルな英語運用能力が求められます。

サービス業務(レストラン、ホテル、観光業)

restaurant

サービス業務ではレストラン、ホテルに来られる外国人旅行者向けに英語で対応する仕事があります。近年は日本政府も積極的に外国人観光者の増加を進めてきています。

下記のデーターは観光庁の外国人旅行者数を示していますが、2015年には1,900万人を超えており、2016年には2,000万人を超えてます。日本政府は2020年までには年間の外国人旅行者数を4,000万人まで引き上げることを目標としていますので、まだまだ需要は伸びそうな業界です。

foreign travel visitors

まとめ

女性が英語を活かしてキャリアアップ出来る4つの職場はいかがだったでしょうか?英語の求められる能力も職業や職場によって違ってきますが、成長分野の産業もありますので、そのような分野でご自身の英語を活かしてみませんか?

英語学習をしてのキャリアアップは、まず大阪駅前第四ビル英語学校Philip Jamesで挑戦してみましょう!

今日から
英語をはじめる。
受講満足度92%
英語学習のエキスパートが
あなたの「出来ない」を「出来る」に変える。
大阪 梅田 英会話
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事一覧

カテゴリー