スピーキング | 大阪梅田の英会話スクールPHILLIP JAMES

英語リスニング勉強方法

[英会話講師が厳選] 英語スピーキングの勉強方法とおすすめ教材

東京五輪を2年後に控えて日本への外国人観光客も増え続ける中、英語の国内需要はますます高まっていると言えます。

仕事や日常など様々なシーンで「英語を話せるようになりたい!」と思う方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は初心者でも無理なく始められる英語スピーキングの勉強方法と、そのおすすめ教材をまとめてみました!

英語スピーキングのコツとは!?

英語のスピーキングには何点かのコツが存在し、これらを無視してただ闇雲に練習を重ねたとしても残念ながら思うように上達しないことが多いです。

では、それは一体どのようなコツなのかをこちらでまとめてみました!

*ちなみに、現状で英語の知識がほぼ0に近いという人はまず「中学英語」の範囲で扱われる文法は大まかにでも良いのでマスターしておくことを強くおすすめします。

中学英語の文法を理解するのが難しいとなると、会話練習を行っても単語をただ単に並べるだけのものになりがちで、伝えられる内容も大幅に限定されて非効率的なものになります。

逆に中学英語さえマスターできていれば、単語などを入れ替えれば様々な内容を表現できるので、非常に便利です!

学習する際には何冊もテキストを用意する必要は全くないので、基本的な内容が網羅された1冊に絞ってそちらの内容が定着するまで何周も繰り返す方法をおすすめします。

言いたい内容や表現を可能な限りシンプル化

英語を話す際にはなるべく言いたい内容をシンプル化する意識を持ちましょう。

例えば、「音痴」というのは直接対応する英語をパッと思い浮かべるのは難しいですが、「上手く歌えない」もしくは「歌うのがとても苦手だ」と考えればグッと表現しやすくなります。

このようにシンプル化が出来れば、難しい単語を知らなくても簡単な単語で十分に伝えられるのでとても便利ですし、語彙力が同じであっても表現の幅は大きく広がります。

英文の基本的な「型」を習得してパターン化

スピーキングでは英文の基本的な「型」を身に付けておくのも重要なコツとなります。

簡単な例を挙げると「~したい」という内容を伝えるのであれば、I’d like to~という型がインプットされていれば瞬間的に引き出すことが出来ますし、「~するのは…だ」という内容であれば、「It’s…to~」という型を使えば伝えられます。

このようにパターン化しておけば、結果的に逐一英文を0から組み立てる必要もなくなり発話スピードも大きく向上するのでストレスなく会話することが出来ます。

「失敗を恐れない」思考を身に付ける

英語スピーキングを練習する上で最も重要なのが、とにかく失敗を恐れないという事です。

日本人は何事も「完璧な状態」にこだわる人が多く、実際にそれを高く評価する風潮も確かにありますが、英語に関してはそのような考えはすぐに捨てましょう!

語学というのは実際に使って間違っていく中で修正して上達していくものです。

最初から完璧な状態になってから話そうという姿勢ではいつまでたっても決して話せるようにはなりません。

間違いの数=上達の機会と考えて、積極的に話してみましょう!

英語スピーキングのおすすめ勉強法

こちらでは具体的にどのような勉強をすれば良いのかについてまとめてみました!

自分が英語を使いたい場面と関連表現をチェック

英語を話せるようになって実際にどのような場面で使いたいのかは人によって異なりますし、それによって使用するフレーズなども当然変わってきます。

なので、まずは自分が英語を話したい場面を思い浮かべて、その関連表現をチェックしていきましょう。

例えばカフェで使いたいのであればネットで「カフェ 注文 英語」などと検索すれば様々な表現が出てくるのでそれらを利用すると良いです。

最初からあらゆる場面の使用フレーズを勉強しようとすると負担も大きいので最初は出来るだけ絞って、慣れてきたら徐々に学習範囲を広げていきましょう!

「セルフスピーキング」でアウトプットの機会を捻出!

セルフスピーキングのメリットは声を出せる環境であればどこでも1人で出来る点と対人練習に限定する場合と比べて、英語をアウトプットする機会が大幅に増加することです。

内容はその日新たに勉強したフレーズでも良いですし、状況を想定した上で自分が伝えたい事を練習するというのも効果的です。

また、その日起きてからの出来事を順番に表現していくというやり方であれば、毎日違う内容を練習できるのでバリエーションに富んでおすすめです!

英語を声に出す音読も効果的な練習なので、やり方は英語の音読方法とその効果とは?を参考に。

リスニング力も同時に鍛える

英語のスピーキング力には、英語を「聞ける」力も同時に必要となります。英語のリスニングが苦手という方は、リスニングのトレーニングも行なっていきましょう。

英語初心者の方には、英語初心者のリスニング勉強法とおすすめ教材をまずは参考にしてください。

シャドーイングの練習を行う

シャドーイングという練習方法は難しいと思っている人も多いですが、英語初心者でも簡単に始めることができる継続しやすいスピーキングの練習方法です。

英語スピーキングのおすすめ教材

CD付き 中学英語がダメだった人でもちゃんと話せる ゼロからはじめる英会話

英語は苦手だけれどもこれから英会話を始めてみたいという人や、英会話が特に苦手という人でも無理なく取り組める1冊です。

内容も中学英語の範囲内で出来るだけ簡単かつ実用的な英文が収録されているのでおすすめです。

すぐに話せる!やさしい日常英会話

非常に簡単な単語を使った英会話のフレーズが自己紹介や日常会話など使用シーン別に紹介されています。

単語レベルが易しいのでこれから英会話を始めたい人や英語を0からやり直したいという人でも十分に付いていけます。

また、フレーズのみならず発音練習についても書かれている点も嬉しい所です。

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

タイトル通り英会話で必須の瞬間英作文の力を重点的に鍛えられる1冊です。使われている構文パターンも中学レベルのものなので、非常に取り組みやすいです。

この1冊を学習することで本記事でも触れた「英文の型のインプット」=「パターン化」を進めていけば、さらなるレベルアップが期待できます。

ネイティブなら子どものときに身につける 英会話なるほどフレーズ100

ネイティブなら子どものときに身につける 英会話なるほどフレーズ100は、英語で言いたいけどなかなか出てこない簡単な日常フレーズを学べる教材です。

レベルは初心者向けですが、「あっ、これってこんな言い方でいいんだ!」という発見がある本となっています。英会話でなかなか言いたいことが出てこない人にはおすすめです。

オドロキモモノキ英語発音 子音がキマればうまくいく

オドロキモモノキ英語発音 子音がキマればうまくいくは日本人の英語が伝わりにくいのは、子音の音がきちんと発音されていないからです。

この本では、英語の子音も音声データに沿って学習を行うことができます。英語の発音を向上させることは、スピーキング力の向上に繋がります。

会話もメールも 英語は3語で伝わります

会話もメールも 英語は3語で伝わりますは、「ついつい言いたい英語のフレーズが長くなってしまい、伝えたいことがいまいち伝わってない・・・」方におすすめの本です。

こんな簡単な言い方でよかったんだということが学べる本なので、英語フレーズの新たな発見ができるでしょう。

英語スピーキング学習におすすめのアプリ

シチュエーション英会話練習

タイトルの通り、実際のシチュエーションごとにスピーキングを学ぶことが出来るので非常に実戦的です。

1600ものシチュエーションが用意されているので、より具体的な会話表現を学びたいという場合にも使えます。

ネイティブキャンプ

24時間365日マンツーマンレッスンを受けることが可能で、「予約なし」でその場ですぐに開始できます。

また、自分のお気に入りの講師のレッスンを継続して受けたい場合には予約することが出来て、1日のレッスン回数が無制限なのも大きなメリットと言えます。

利用料金が月額約6,000円となりますが、それを上回る価値があるアプリと言えます。

まとめ

今回は英語スピーキングのコツや勉強方法、またおすすめの教材やアプリなどを紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

語学の習得には、「始めること」と「続けること」の2つが必要不可欠です!

短期的・長期的な目標をしっかりと見据えて、自分が英語を話せるようになった姿を常にイメージして無理なく取り組んでいきましょう!

もっと英語力を伸ばすなら。大阪梅田の英語学校へ

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
キャンペーン詳細をチェック
IELTS短期集中ならマンツーマンで。今なら15,000円オフ!

英会話の無料体験レッスンを予約

DELTA所有の英語教育のプロと始める。
英会話だけでは身につかない本当の英語力を。
お電話でのご予約・お問合せは
☎ 06 - 6147 - 2295
受付時間:火~金曜日 10時 - 21時/土曜日 10時 - 17時