資格 | 大阪梅田の英会話スクールPHILLIP JAMES

大学入学共通テストで英語の免除を狙うなら取っとくべき英語資格

2020年の大学入試からは英語の試験でも大きく制度が変わってきそうですね。英検やGTECなどの民間試験の資格を取得していれば、センター試験の英語の免除になる可能性も後々出てくるでしょう。

今回は今から勉強しておけば「大学入学共通テスト」に役立つ英語資格をご紹介します。

2020年度の「大学入学共通テスト」

現在の大学受験のために行われる「センター試験」が2019年度に終了し、2019年度からは「大学入学共通テスト」が始まります。

英語のテストも大きな変更点があり、センター試験のマーク式から民間の英語試験のスコアが求められるような流れとなっています。

2021年から4年間はセンターのマーク式試験と民間試験(英検、GTEC)の両方を受験することになるとのことです。

河合塾:大学入学共通テスト

求められる英語の基準は4技能

センター試験の英語では、リーディングとリスニングの2つのスキルしか測ることができません。しかし、グローバル化が進む中、自分で書けて話せる能力も必要だと日本政府も思ったみたいです。

それゆえ、大学入学共通テストでは、新たにライティングとスピーキングの能力を測るための試験になります。

そこで基準とされているのが、英語の4技能を測れる国際標準のCEFRセファール(ヨーロッパ言語共通参照枠)というものです。

英会話スクールのPHILLIP JAMESでもレベルチェックに使用しているのが、CEFRです。

英検

 英検は現状では、民間試験の中でもかなりの確率で対象の試験になりそうですね。

英検のメリットについてもこちらで記述しているので、ぜひお時間ある時に参考にしてみて下さい。

GTEC

GTEC(Globa Test of English Communication)は、ベネッセコーポレーションが提供している英語の4技能を測れる試験です。

大学入試にも300校以上の学校で採用されている試験なので、こちらの試験も大学入学共通テストの対象試験になる可能性が高いですね。

まとめ

大学入学共通テスト(センター試験)で英語試験については、まだまだ試験内容について議論されていくでしょう。

しかし、民間試験の利用は確実に決まったので、中学生のあなたは大学受験を見据えて、早めに民間の英語試験に挑戦していった方がいいでしょう。

大学入試の英語対策なら?

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
学問の秋、学習応援フェア開催中!
IELTS短期集中ならマンツーマンで。今なら15,000円オフ+学習本プレゼント!
英会話の
無料体験レッスンを
予約する
DELTA所有の英語教育のプロと始める。
英会話だけでは身につかない本当の英語力を。