IELTSライティングのコツ4Cとは?

大阪市の英会話スクールPHILLIP JAMESのMasashiです。IELTSライティングでスコアアップに悩んでいる方必見です。

今回はIELTSライティングのコツとして、4つのCについてご紹介したいと思います。

この4つのCのルールを守れば、あなたのIELTSライティングスコアも上がるはず!?

IELTSライティングのコツ「4C」とは?

IELTSライティングでスコアアップを狙うコツは、次の4つのCに基いて英語の文章を書くことです。4つのCとは次のものです。

conciseness
cohesion
coherence
composition

ではこれら4つのCについて、一つずつ見ていきましょう。

conciseness(簡潔さ)

Concisenessとは「簡潔さ」という意味です。よくありがちなアカデミックライティングの間違いは、出来るだけ長い英文を書けば評価されるだろうという考えです。

しかし、これは間違いです。

英語という言語は、構造的に論理が通るようにできた言語構造をしているので、簡潔な文章であるほど、言語としての論理構造が分かりやすくなります。

アカデミックライティングでは、自分の主張や他人の主張に関して述べる問題がありますが、その主張を補強する論理(リーズニング)が求められます。

長文になればなるほど、その論理(リーズニング)が分かりづらくなるので、出来るだけConcisenessな文章を書くようにしましょう。

英語の長文を書いてしまうデメリットとしては、文法のミスをする確率が高くなることも考えられますので、その可能性を出来るだけ低くしておく対策でもあります。

cohesion(繋がり)

Cohesionとは「繋がり」を表す単語です。上記で述べた論理構造にもかかわってくる話ですが、IELTSのライティングでは、文章の繋がりを意識して書く必要があるということです。

演繹法という論理学の考え方がありますが、この考えが英語のcohesionを考える上で役立ちます。

演繹法の三段論法の例としてよくあるのがこちらの例文です。

結論:「ソクラテスは死ぬ」←主張したいことを述べる
大前提:「人間は死ぬ」←客観的な事実を述べる
小前提:「ソクラテスは人間である」←主張と事実から推測できる因果関係を述べる

 

これを英語の文章で例題を作ってみると、

Claim: “I can reduce my weight in 1 month”
「一か月間で体重を減らすことができる」
Data: “I run 10km everyday.”
「毎日10km走っている」
Warrant:”Running is an effective way to reduce weight”
「ランニングは体重を減らす効果的な手段だ」

このように自分の主張を補強する文章が出来上がりました。このような論理に繋がりがある文章を作成するためには、次のようなCohesiveな単語をあらかじめ覚えておくのがいいでしょう。

in conclusion
as for …
because
however

coherence(首尾一貫性)

coherenceとは「首尾一貫性」という意味です。IELTSのライティングにおいては、あなたが書いた文章の分かりやすも見られています。

「分かりやすい文章」とは、上記のconciseness(簡潔さ)とcohesion(繋がり)が合わさった文章です。簡潔で論理的な構造の文章は、読み手にとっても分かりやすい文章となります。

composition(構成)

最後は、composition「構成」という意味です。IELTSのアカデミックライティングでは、文章構造が大事だと上記でも述べました。

エッセイライティングでは次のような文章構造が一般的なので、参考にしてみてください。

1:導入部分:
導入部分では、エッセイトピックの背景や、そのトピックで述べたい自分の主張を書きます。

2:サポート部分(前半)
サポート部分(前半)では、導入部分で述べた自分の主張に対する理由(サポート)を述べましょう。ここでは可能な限り、客観的な事実や自分の実際経験した事などを書くと、説得力が高まります。

3:サポート部分(後半)
サポート部分(後半)では、サポート部分(前半)とは違う主張をサポートする理由を述べましょう。

4:結論部分
結論部分では、2つのサポート部分の理由から、どのように導入で主張したことが言えるかをまとめましょう。

(これこそまさに演繹法の考えかたと同じですね)

まとめ

IELTSライティングのコツ「4C」は役に立ちましたでしょうか?

この4Cを意識したアカデミックライティングの練習をしていると、アカデミックライティングに適した文章の書き方が出来るようになるので、ぜひ少しずつ挑戦していって下さい。

大阪梅田の英会話スクールPHILLIP JAMESでは、大阪でIELTS対策コースも準備しています。

「アカデミックライティングの方法が分からない!」という方は、ぜひ一度無料体験レッスンにお越しください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Page Top ↑

英語教育のプロだからこそできる。
あなたを目標達成へと導きます。
DELTA所有の英語教育のプロと始める。
英会話だけでは身につかない本当の英語力を。